公益社団法人日本文書情報マネジメント協会

JIIMAセミナー2017 ワークスタイルを変革するデジタルドキュメントー電子文書情報社会の構築ー

 公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)では、「ワークスタイルを変革するデジタルドキュメント ―電子文書情報社会の構築―」を今年1年間のテーマとしてセミナーや展示会で、企業活動における正しい記録と保存・開示に、新しい働き方を盛り込んだ、JIIMAならではの文書情報マネジメントを訴求してまいります。その1つのイベントとして、毎年恒例のJIIMAセミナーを下記の日程で東京と大阪で開催いたします。

最新の政府のIT促進政策・ビジネス事例・技術動向の紹介

有識者及び業界のトップベンダーから、文書管理における最新のビジネス事例・技術動向をご紹介します。

  • 情報セキュリティとリスク管理、BCP対策
  • ワークスタイル改革実現のソリューション
  • スキャナ保存の効率的な活用

JIIMAならではのナレッジを提供

JIIMAでは、各委員会やワーキンググループにて、文書情報に関する普及・啓発活動を行っております。今回も、最新情報が集まるJIIMAだからこそ発信できる話題を提供いたします。

  • 電帳法スキャナ保存ソフトウェア認証制度について
  • 電子文書の信頼性について
  • 電子文書管理運用のグッドプラクティス

JIIMAセミナー2017東京は終了しました。
多数のご参加をいただきありがとうございました。

パンフレットのダウンロード

プログラム

Room B+C (2階 定員200名)

B+C


10:00

10:40

基調講演デジタルドキュメントの潮流

公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会 理事長 高橋 通彦

コンピューターが様々な場面で人々の活動に係ると共にデジタル化の進展により安心で社会生産性の高い電子文書情報社会が築かれようとしています。
本講演では、デジタルドキュメントによるテレワークやオフィスワーク変革、デジタルデータ化によるAIやIoTとの連携、大容量デジタルテープのアーカイブ利用など新たな潮流をご紹介します。

休憩

B+C


11:00

11:40

特別講演テレワークを通じたワークスタイル変革および最新の動向

経済産業省 商務情報政策局 情報政策課 兼 サービス政策課 企画官 大西 啓仁 氏

世界的に見ても、日本の労働時間は高い水準にあります。特にIT業界は全産業平均より長く、業界としてワークスタイル変革が必要であると同時に、日本のワークスタイル変革が進むことで、IT業界の新たなマーケット創出が期待できます。テレワーク・デイなど政府および企業の取組事例など最新の動向を紹介します。

休憩

B+C


13:00

13:40

電子化×自動化で業務効率を向上!ワークスタイル変革を実現する電子文書管理とは?

ウイングアーク1st株式会社 取締役副社長COO シニアエバンジェリスト 田中 潤 氏

多くの業務時間を消費する請求書や領収書などの紙文書の管理業務はワークスタイル変革実現にとって課題の一つです。本講演では、紙での運用の利便性を保持したまま業務プロセスの電子化および自動化を実現する電子文書管理ソリューションを、様々な業種の多様な現場の活用事例やユースケースを交えながらご紹介します。

休憩

B+C


14:00

14:40

特別講演紙台帳とEXCELファイルの台帳管理の情報セキュリティの課題とリスク管理について

藤沢市 総務部 IT推進課 総務部参事 兼 IT推進課長 大高 利夫 氏

藤沢市は情報セキュリティ対策を早期に実施を行い、安全な情報管理体制を構築している全国的にも有名な自治体です。情報セキュリティの機密性・完全性・可用性に対応した課題と方向性をご紹介いただきます。また紙台帳やEXCELファイルの情報セキュリティ上の課題についてご説明いただきます。

休憩

B+C

15:00

15:40

AIによるデータエントリ業務改革! ~紙文書電子化コスト削減方式・事例のご紹介~

株式会社日立ソリューションズ
ビジネスコラボレーション本部 レポートソリューション部 グループマネージャ 神田 工 氏

膨大な紙文書の情報をシステムに入力する作業に多大なコストを費やしていませんか? 日立ソリューションズは、AIを活用した記載情報の自動抽出により作業コストやミスを大幅削減するソリューションでワークスタイル改革を実現します。
本ソリューションのデータエントリ業務や電子帳票システムへの適用例をご紹介します。

休憩

B+C

16:00

16:40

特別講演個人情報保護法大改正 今企業として対応すべき重要ポイントとはなにか

牧野総合法律事務所弁護士法人 JIIMA顧問弁護士 牧野 二郎 氏

来る5月30日に、改正個人情報が全面施行されます。この改正ではこれまでの5千件要件が廃止され、全事業者が取り扱い事業者として規制対象になりました。また、要配慮個人情報の新設し、第三者提供と共に強く規制されました。企業としてはプライバシーポリシーを早急に改定し点検しなければなりません。今回は、その重要な改正ポイントを取り上げ、対応策を検討します。

休憩
Room A(2階 定員132名 )

A1


10:00

10:40

A1-1:「JIIMA電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度」について

文書情報管理委員会 担当理事 太田 雅之

「JIIMA電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度」の概要と 認証取得のための審査ポイントをご説明いたします。
・制度の目的と概要
・認証制度の運用体制
・審査基準と審査方法、有効期間
・審査のポイント
・認証製品のご紹介

 

A1-2:企業が実践している文書管理のレベルを図る指標を提供するための評価基準の概要

文書情報管理委員会 委員 酒井 英美

企業は、内部統制、説明責任など、社会のさまざまな要請にもとづいて文書管理を実践しています。しかし、自社の文書管理のレベルを測ることができず、これで十分なのか、不足している点は何かを知ることができません。
当委員会で作成した、文書管理のレベルを自己評価できる文書管理達成度の評価基準をご紹介します。

休憩

A2


11:00

11:40

裁判に求められる電子文書の信頼性 -電子文書信頼性プロジェクト中間報告-

公益社団法人日本文書情報マネジメント協会 電子文書信頼性向上プロジェクト 座長
弁護士 宮内・水町法律事務所 宮内 宏

日本の民事訴訟法おける電子文書の証拠力と証拠能力について、欧米との違いも含めて概観すると共に、電子文書の真正な成立を証明するための要件や信頼性確保の方策を説明し、電子取引などにあたり訴訟等に備えて用意しておくことが望ましい資料等を紹介する。

休憩

A3


13:00

13:40

自治体のセキュアな台帳システムの先進導入事例をご紹介します

株式会社ジムコ 取締役 副社長 中村 太朗 氏 中村 真樹 氏

ITによる事務の生産性向上と情報セキュリティ上のリスク管理は自治体の情報化のテーマです。導入事例を通して、喫緊の課題である情報セキュリティ対策にどう取り組まれているのかをご紹介いたします。

休憩

A4


14:00

14:40

「スキャナ保存」断念企業がスマホ「スキャナ保存」導入!その理由は!

アンテナハウス株式会社 行政書士 上級文書情報管理士 益田 康夫 氏
株式会社CEGB アガルカール ニキル 氏

複合機や専用スキャナでスキャナ保存導入を一旦断念した企業がどうして!?
スマホによる経費精算Webシステム(X-MAN)と「スキャナ保存」要件確保用ScanSave(スキャンセーブ)の密連携で実現する店舗事務工数削減と本部管理業務&経理業務の効率化の実際!
経営力向上計画サービス等生産性向上IT導入支援事業においてScanSaveとX-MANと会計システムの組合せでITツールの採択を受けています。
中小企業の皆様がIT補助金の申請をすると審査により最大100万円の補助金を獲得することが可能となります。この機会に是非ご導入をご検討下さい。

休憩

A5


15:00

15:40

働き方改革実現に向けた考え方と実践、その第一歩となるDocuWorksによる文書の電子化

富士ゼロックス株式会社
IBSS事業本部 オファリング統括 業務SOLオファリングス推進部 マネージャー 荒井 聡行 氏

全ての企業において労働生産性の向上は重要な経営課題であり「働き方改革」の実現は待った無しの状況です。本講演では働き方改革の実現に向けた考え方や当社の取組み事例をご紹介するとともに、その基盤となる文書の電子化をDocuWorksで実践する方法についてお教えいたします。

休憩
Room D(2階 定員72名 )

D2


11:10

11:40

電子文書管理運用のグッドプラクティス

公益社団法人日本文書情報マネジメント協会 標準化委員会 委員長 木村 道弘

電子文書管理について、過去3年にわたり国内外の運用実態を調査してきました。各々の調査結果については別途報告済みですが、今回は趣向を変えて、現地で見聞したなかから、日本の組織にとっても参考になると思われるグッドプラクティス(優れた慣行)を集めてご紹介したいと思います。

休憩

D3


13:00

13:40

スキャナ保存制度対応財務会計システム 『原票会計S』のご紹介

日本ICS株式会社 東京本社 第一営業部 林出 剛 氏

当社の会社概要を簡単に紹介し、当社システムのスキャナ保存制度に対応した『原票会計Sシステム』の概要説明、次にデモによる証憑等のスキャニングから仕訳作成、タイムスタンプ付与を説明し、証憑検索と帳表との関連性を実演いたします。最後に企業様向けの導入運用方法と価格面について説明いたします。

休憩

D4


14:00

14:40

e文書法に対応、スキャナーを活用した「TIWC VDR」のご紹介

インテリジェントウィルパワー株式会社
代表取締役社長 公認会計士・税理士 横山 公一 氏

企業を取り巻く電子化・ペーパーレス化の法規制の変革のなか、キヤノンドキュメントスキャナーを活用した、「e文書法に伴うドキュメント管理、電子取引、マイナンバー対応を簡単解決」をテーマに、インテリジェントウィルパワー社製のクラウドサービス「TIWC VDR」を紹介いたします。

休憩

D5


15:00

15:40

「電子化文書」から「電子文書」へ ー 競争力強化のためのデジタル改革

トレードシフトジャパン株式会社 ゼネラルマネージャー 菊池 孝明 氏

電子帳簿保存法改正により、企業は文書の電子保存を進めることが容易になりましたが、世界では電子保存ではなく電子取引がトレンドになっています。保管方法だけをデジタル化するのではなく「ビジネスをデジタル化」することにより、ワークスタイルの変革とともに競争力を強化する方法を、顧客事例を踏まえご紹介します。

休憩

D6


16:00

16:40

特別講演テレワークによる多様な働き方実現とBCP活用事例

富士ソフト株式会社 取締役 常務執行役員 猪原 幸裕 氏

テレワークによる多様な働き方が実現するまでの経緯や、様々な施策、制度、テレワークツールやコミュニュケーションツール、環境の整備などについて、お話します。
また、活用事例として、BCPにおける対策事例などをご紹介します。

休憩

JIIMAセミナー2017東京は終了しました。
多数のご参加をいただきありがとうございました。

パンフレットのダウンロード

日時・会場

2017年5月30日(火)

大手町ファーストスクエアカンファレンス
2階 Room B+C、RoomA、RoomD

〒100-0004
東京都千代田区大手町1-5-1
ファーストスクエア イーストタワー2F

●地下鉄 大手町駅 直結 C8,C11,C12出口
●JR東京駅徒歩4分

受講料:無料

懇親会のご案内

セミナー、通常総会の終了後に、「JIIMA懇親会」を開催致したします。
是非ご出席をいただき、行政府の方や業界関連の皆様と親交を深める場としてご利用ください。どなたでもご参加いただけます。

18:30~20:00
(受付開始:18:15)

懇親会参加費用:10,000円(税込)
当日会場でお支払いください

懇親会のお申込みは終了しました。
多数のご参加をいただきありがとうございました。

大手町ファーストスクエアカンファレンスの地図

スポンサー

※講演内容、講師、時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申し込みの際にご記入いただきました情報は公益社団法人日本文書情報マネジメント協会 が安全に管理し、当セミナーに関するご連絡のほかに各種ご案内をさせていただくことがございます。また、スポンサーへ情報提供の許諾をいただいたお客様にはスポンサーからご案内をお送りさせていただく場合がございます。