個人賛助会員に関する規程

(目的)

第1条

「会員に関する規定」第1条4項に規定する賛助会員のうち、文書情報マネジメントを普及・利用する意欲、知識のある個人を会員として文書情報マネジメントの情報、動向を提供し、人材の育成をはかるとともに協会の普及啓発活動への協力を得ることを目的とする。

(定義)

第2条

個人賛助会員制度は、個人として加入できる制度であり、法人は加入することはできない。

(入退会手続き)

第3条

個人賛助会員の入退会手続きは、次の通りとする。

  • 1.本会へ入会を申し込むときは、ホームページ上から所定の事項を記入のうえ申し込むものとする。
  • 2.個人賛助会員は、入会時に申請した事項につき記載事実に変更が生じたときは、ホームページ上から「変更届」にて通知するものとする。
  • 3.会員期間中、任意に退会するときは、ホームページ上の「退会届」にて協会に通知するものとする。ただし、すでに納入した会費、その他拠出金は返還されない。

(年会費・期間)

第4条

会員期間は毎年4月1日より翌3月末日までの1年間とする。ただし期の途中でも加入でき、その場合、期末までの会費を月割りで納めなければならない。なお協会からのメールを以て、会員証に代えるものとする。

  • 2.会員期間を満了した場合は自動的に退会となる。ただし次年の会費を納入した場合は継続できるものとする。
  • 3.個人賛助会員の負担する年会費は、次の通りとする。
       年会費    12,000円(非課税)

(権利および義務)

第5条

個人賛助会員は、JIIMA正会員同様、協会が案内する「会員案内」「メルマガ」等の受信、会員対象のセミナーを受講することができる。

  • 2.個人賛助会員はセミナー・書籍・その他販売物を、適用された会員割引価格で購入することができる。

第6条

個人賛助会員の協会活動への参加については、下記の通りとする。

  • 1.協会の各委員会活動への参加は、担当理事・委員会委員長の承認を得て参加できるものとする。活動については、委員会運営規則に従うものとする。
  • 2.協会運営に関する「総会」への出席、議決権の行使、役員への立候補及び就任等はできない。

(会員の資格喪失)

第7条

個人賛助会員は下記の各号に該当した場合は、会員権利を失うものとする。

  • 1.個人賛助会員の規定または協会が定める規則に違反し、協会が妥当と判断した場合
  • 2.会員権利を他者に譲渡した場合
  • 3.死亡または失踪宣言を受けたとき
  • 4.会費を納入せず、督促にも応じない場合

この規程に同意し個人賛助会員に申し込みます
(同意いただかないとお手続きが完了しません)

ページTOPへ