JIS規格

 
 

公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会がJIS原案作成団体として一般財団法人 日本規格協会と提案し、日本工業標準調査会の審議を経て経済産業大臣が制定あるいは改正した日本工業規格です。

 
  下記の規格の概要については、公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会発行の 「標準化ガイドブック2012」をご覧ください。 >>ご購入はこちら  
  *JIS規格の本文のご購入は、一般財団法人 日本規格協会ホームページにてお申し込みください。 >>http://www.jsa.or.jp/  
 
○電子化文書関係 
JIS Z6016「紙文書及びマイクロフイルム文書の電子化プロセス」  2008年改正
JIS Z6017「電子化文書の長期保存方法」 2006年制定
JIS Z6015「エレクトロニックイメージング用語」 2010年改正
JIS Z6014「電子化文書のデジタル試験標版ー仕様及び使用方法 2008年改定
 
○マイクロフイルム関係
JIS Z6001「A6判マイクロフィッシュ」 2007年改正
JIS B7187「16mm及び35mm銀-ゼラチン マイクロフイルム撮影方法」 2007年改正
JIS B7186「マイクロフイルムリーダー及びマイクロフイルムリーダプリンタ」 1997年改正
JIS Z6000「マイクログラフィックス用語」 1996年制定
JIS Z6009「銀-ゼラチン マイクロフイルム処理及び保存方法」 1994年制定
JIS Z6008「マイクロ写真用解像力試験図表とその用法」 1982年制定
 
○JIIMA(団体規格)
団体規格とは、その業界及び業界団体が作成した規格です。
公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)団体規格の多くは、 従来JISであったものですが、定期的な見直しにより生産者・使用者 及び関係者等に図りJISとしては廃止したが、団体規格として残しているものです。
JIIMA Z6006「図面用35mmマイクロフイルムのアパーチュアカード」 1995年制定
JIIMA Z6012「16mmマイクロフイルム用カートリッジ」 1993年制定
JIIMA Z6013「16mm及び35mmマイクロフイルムのA6判マイクロフイルムジャケット」 1991年制定
JIIMA Z6011「輪転式マイクロフイルムカメラ用試験標板」 1985年制定
JIIMA Z6010「マイクロフイルムの濃度」 1984年制定
JIIMA B7189「16mm及び35mmマイクロフイルム用リール」 1983年制定
JIIMA Z6003「16mmマイクロフイルムのドキュメントマーク(ブリップ)」 1979年制定